› ブルのいびき★ANIMAL BOND › ニーニー

2010年06月08日

ニーニー

皆さん御心配おかけしました。

ごめんなさいガーン

沢山の方から励ましの言葉を頂き

本当に嬉しかったです。



今日は「ニーニー」につて書きたいと思います。





ニーニーは、2年前、兄妹3匹で捕獲された子でした。

3匹とも酷い疥癬でした。

そして、仔犬とは思えない位、人間に対し

怯える子達でした。






疥癬が完治するまで3か月近くかかりました。

3兄弟、頑張って治療に耐えてくれました。


多分、一番嫌だったのはお風呂だったかな?





「んだ・・お風呂は嫌いじゃムカッ



疥癬が治った頃には、だいぶ人間にも慣れてきて

傍に来てくれるようになりました。



白い子(タラオ改めチョコ)は

優しい家族の元へ婿入りしました。

何度か会いに行きましたが

とても幸せそうな顔をしていました。






残ったニーニー&みよちゃんは何度か譲渡会に

参加しましたが、納得出来る方に出会えず

居残りでした。


「もう譲渡しなくてもいいかな・・・
 ウチの子にしちゃおうかな」


私はそう思うようになりました。


そして時は過ぎ、今年の3月。

ある方の紹介で、ニーニーは婿入りする事に・・・。

「最後まで大事にします」

私はその言葉を信じていました。

「ニーニー、良かったね。

 幸せになれるよ。

 ・・・でもいつでも帰ってきていいからね」



ニーニーは新しい家族の元へ行ってしまいました。

「ニーニー元気かな・・・」

いつもいつも、ニーニーの事が気になりました。

けれど

きっと、散歩を楽しんでるはず

きっと、美味しいご飯を一杯食べてるはず

きっと、たくさんの愛情をもらって笑顔なはず

きっときっと、幸せいっぱいのはず・・・


そう自分に言い聞かせていました。


でも、ニーニーは帰ってきました。

半身不随で、骨と皮だけの姿で・・・。

20kgあった体重は半分になっていました。


譲渡をしたその日に脱走したニーニーは

10日後、沼にハマっている所を発見されました。

その時はすでに足が動かない状態で・・・。

病院に連れて行ってもらえなかったニーニーは

どんどん衰弱していき、ご飯を食べなくなったそうです。


ニーニーは、2カ月近くの間、病院につれて行ってもらえず

痛みに耐えていたのです。


「全然なつかないし、威嚇するとよな~」

そう言って、ニーニーを戻しに来た元飼い主。

殺してやろうかと思いました。


トラックの荷台に乗せられて帰って来たニーニー。

元飼い主が近づくと

牙をむき出し、「ウー」と威嚇しました。

「ニーニーっ!!!」

私が名前を叫び、近づこうとした瞬間・・・

今まで聞いたことないような鳴き声をあげ

立てないはずの、骨と皮だけになった衰弱しきった体で

一生懸命、私の傍に来てくれました。

「ごめんね、ごめんね、

 ニーニー、ごめんね・・・」

泣きじゃくりながらニーニーを抱きしめると

ニーニーは、私の顔をペロペロなめてくれました。

私が流す涙をなめてくれました。

ニーニーは、もっと辛いのに・・・。



そのまま、病院へ直行しました。

診断結果は、股関節脱臼と脊髄損傷でした。

外れた股関節は、ガッチリ固まっていて

そのまま、緊急手術を行うことになりました。

元に戻る可能性は低いけれど

せめて、痛みだけでも取ってあげたい・・・。

ごめんね、ニーニー・・・。


大手術を無事に乗り越えてくれたニーニー。

今はまだ、ニーニーの写真を載せる事が出来ません。

(あまりにも、痛々しい姿なので・・・)

ニーニーが元気になったら、必ずアップします。



今のニーニーは、まるで仔犬みたいです。

私の姿が見えなくなると

「きゅーんきゅーん」

と鳴いています。

「ニーニー!!」

と呼ぶと一生懸命体を支えながら来てくれます。

鼻先を押しつけて

「撫でて撫でてっ」

と甘えてくれます。


ニーニーをこんな姿にしてしまったのは私の責任です。

私が、ちゃんと様子を見に行っていれば・・・。

「大丈夫です」という元飼い主の言葉を

信じなければ・・・。

私の怠慢が招いた結果です。

一生をかけて償っていかなければならない罪です。






これからゆっくり、リハビリをしながら

ニーニーが幸せを感じてくれるように

一緒に生きていきたいと思います。











Posted by ♥ぐらぶぅ♥ at 15:32│Comments(5)
この記事へのコメント
こんばんは いつも読み逃げしてごめんなさい
ニーニーくんの記事を読んで出てきました
こんなに辛い現実があるなんて・・・
ニーニーを引き取った飼い主に怒りを禁じえません
どうしてこんなひどい仕打ちが出来るのでしょうか
命を受け止めるという大きさに気づくことの出来ない哀れな
人間ですね 本当に残念です
でもどうか御自分を責めないでください
ニーニーが生きてあなたの元に帰ってきたことに私は少なからず安心しました よくぞ生きていたねと。。。
これから辛いリハビリが待ち受けているかもしれません
でも応援させてください ニーニーを応援しています
温かい愛に包まれてニーニーが元気に成りますように・・
たくさんの愛情を私からも送らせてください!
Posted by えり at 2010年06月08日 22:05
ひ・・・ひどいですね。
あたしも絶対預かり中の子たちが
そんな状態で返されたら。って思うと
本当相手に対しての怒りが!!!

なんで、すぐ病院に連れていくって
ことをしないんですかね・・・
もーーー本当沼にはめてやりたいです!

でも実際代表のとこに戻ってこれたことが
状態はどんなであっても・・・
ニーニーにとって1番幸せだと思います。
Posted by 紅ちゃん会~animal bond~ at 2010年06月09日 03:04
ニーニーちゃんは可哀想でしたね。でも戻ってこれてよかった!
これからは回復して幸せになれる!私もできるだけ応援します。
ここでわかるように、譲渡会等で無料でもらえると思って、
安易な気持ちで飼う人が結構居るけど、
ただ餌やって飼えばいいってもんじゃないんですよね。
病気にもなるし怪我もする。すごくお金はかかるけれども、
きちんと治療してくれる覚悟があるか問いたいですね。
Posted by おひめちゃん at 2010年06月09日 06:20
ニーニー...辛かったね;;
♥ぐらぶぅ♥ちゃんの顔を見て声を聞いて、
ものっすご安心したと思うよ。

手術もよく頑張った!
そしてリハビリふぁいと!

・・譲渡って難しいね。
私も昔、子猫や子犬の里親探しを手伝ったことあるけれど
譲渡前に2回以上希望者と会ってから色々ご理解頂いた上で譲渡したよ。
(それでも、確実に幸せになれるとは...断言できんよね)

♥ぐらぶぅ♥ちゃんも沢山経験しちょると思うけど、
幸せになれるよう、幸せにしてくれる家族であるよう
信じてるどこかで、どこか心配な事や、何かひっかかるような事もあって(嫌な予感ってやつ?)
でも、本当に暖かく大切にしてくれる家族にそんな感情持つのは
失礼やし
それでも、「この子が幸せになれる場所に譲渡する」っていう責任感は持ちたいし。。。。

里親履歴書みたいなのがあればいいのかな。
誓約書かつ、犬猫育てた経験の有無とか、家族構成とか
自宅に居る時間帯とか...を記入できるような...ww

ほんと難しいOTL
Posted by ぺっち at 2010年06月09日 13:51
★えりさま★
ありがとうございます。
ニーニーは、きっと元気になります!
強くて、優しい子です!!
本当に、本当にありがとうございました(^^)


★ちょめちゃん★
沼にハマっちゃえばいいのにね・・・。


★おひめちゃんさま★
譲渡の難しさ、危うさを再認識致しました。
命を慈しむという事は、当たり前では
ないのでしょうかね・・・。
人間って、恐ろしいです・・・。


★ぺっちちゃん★
譲渡するって、難しいよね・・・。
相手を信頼しつつ警戒する・・・。
矛盾してるけど必要だしね・・・。
今朝は、遅刻してゴメンダ(+_+)
無事、発送完了です!!


★momoさま★
コメントありがとうございました。
ニーニー、少しづつですが
歩けるようになってきました。
ニーニーがまた自由に
走れる日が来る事を信じ
ニーニーを守って行きます!!
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年06月10日 11:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ニーニー
    コメント(5)