› ブルのいびき★ANIMAL BOND › 否定された命

2010年05月07日

否定された命




友人から、泣きながら電話があった。

「あるブログにね、ひどい事が書いてあったと。

 老犬や病気の子を救うのは間違ってるって

 内容がかいてあったとよ。

 私は、真っ先にアンタの事が頭に浮かんでさ。

 それで、ゴル爺とシバ爺の顔が次々に浮かんできて

 悔しくて、悲しくて涙がとまらんとよ・・・

 老犬だって、病気の子だって命やろ?

 大切な命じゃないと?

 命って、区別される物やとや!!」

 

 

 「なんじゃそりゃ・・・」

 

 それ以上の言葉は出てこなかった。

 そして、しばらく二人で泣いた。

 「アンタの言うとおりよ。

  みんな大切な命やが。

  大丈夫やかい気にしなんな。」


 そう友人に伝えるのが精いっぱいだった。



 何故、そうゆう考えをブログで発言したのか

 それは皆目見当が付かない。

 誰に対して言いたかったのかも

 分からない。

 けれど、その発言が私の友人を深く傷つけたのは
 
 間違いない。

 

 何より、老犬や病気の子に対しての

 侮辱であり、蔑みではないのだろうか。



 助けたい命は、人それぞれだと思う。

 仔犬を助けたい。

 純血種の子を助けたい。

 老犬を助けたい。

 病気の子を助けたい。


 私は、どれも間違っていないと思う。

 
 動物愛護に携わる人は

 救う事の出来る命よりも

 救えない命が圧倒的に多い事の現状に苦悩し

 救えなかった命に対して許しを請い

 時には心が折れそうになりながらも

 前を向いて愛護活動を行っている。

 私には、そんな人達を否定する事は出来ない。


 自分の考えを持つ事は大切だけれど

 それを表に出して発言することは

 同時に、傷つく人がいるかもしれない。

 その事を、もっと深く考えるべきではないだろうか。

  
 
 
 私は、自分に文句を言われたり

 罵倒されるのは、全く気にしない。

 けれど、私の家族や友人、仲間を傷付けたり

 動物達の命を区別するような人間は

 絶対に許せない。

 




 風を感じ、太陽の光の下で生きていく事を

 否定される命なんて一つもない。






 
 

 



Posted by ♥ぐらぶぅ♥ at 00:56│Comments(14)
この記事へのコメント
その記事ひどいですね><

老犬や病気だから助けることは
間違いって!仔犬とか純血のこたちは
貰われ助かる可能性のほうが高いけど
老犬や病気のこを救える代表は
すごいと思います!尊敬します!

区別するようなひとは動物好きでも
ないだろうし!自分の身内や自分の
ペットに対してもそういう気持ちで
接するのかなぞですね><

区別反対!!
Posted by 紅ちゃん会~animal bond~ at 2010年05月07日 01:19
恥ずかしながら、私も「老犬や病気の仔や猟犬」をレスキューするよりも…と考えてた一人です。でも、それは「動物愛護」の中でのマニュアルであり、綺麗事だと…
自分なりに自分の中での「間違い」に気付きました。

何年も何年もしっくりこない自分がいて…
相棒池ちゃんから「助けたいと思った命は助けるべき。感情的になってもいいじゃないですか」と言われ、
自分が本当にやりたかった事に気付きました。
泣きながら「そういう仔ほど助けたい・・・だけど・・・」はただの言い訳でしか、綺麗な逃げ言葉にしか過ぎないって。(←自分に対してね)

自分が助けたいと思った命を助ける…それに賛同して手を差し伸べて下さる方がいらっしゃる…それで全部成立じゃないですかねぇ~。

私もぐらぶぅさんも、「ひまわりの家」がある事によって、判定に落ちそうな仔達、落ちた仔達をレスキューしてますよね?ひまわりの家、ぐらぶぅさん、私…と、上手く皆が手を取り合ってますよね?
私は、自分の力不足の為に老犬の仔達に手を差し伸べる事はできていません。だから…いつも「残り少ない時間を家で…」と行動に移して下さるぐらぶぅさんを尊敬しています。いつも感謝しています。
私もぐらぶぅさんも普通の働く主婦ですしお金も時間も限られていますが、それを「苦」だと感じないですよね?
「苦」だと感じた時点で…終わらせなきゃいけません…
そうでなきゃ、今回のように人間をも平気で傷付けてしまうから…

管理所の多くの仔達を救って下さり、本当にありがとうございます。
Posted by xxゆみxx at 2010年05月07日 02:55
愛護活動をしている人ガそうゆう発言をしてよいのだろうか?
ましてそうゆう考えをもつている事にガッカリです。
老犬、病気、怪我、皮膚病などの理由で処分されるはずだった命、今は、元気になった子達たくさんいます
そういう命を選ばず救われてる、ぐうらぶさん、ありがとうございます。
否定される命など一つもないです
Posted by ニャジラ母チヤン at 2010年05月07日 10:18
世の中、いろんな考えの人もいっぱいいるから。マジでいろんな人いますから。自分が間違ってないって思ったら、それでいいと思います。ゴル爺、私も欲しかったよ。一緒に生活してみたかったよ。でも、とこちゃん婆さんがまだまだこの夏も越える勢いよ気にしないで、ぐらぶぅちゃんの気持ち、よくわかります。のんびり一匹でもいいから救っていきましょ。私は少なくとも、私が幸せなんだからうちにいる百匹を越える犬猫らは、かなり幸せなはず!と自己満足しちょるよ。
Posted by ピッぴまま at 2010年05月07日 12:53
なにも 泣くこと無いと思います。
私たちは誰に褒めて貰わなくても いいと思う
私は 羨ましいとすら 思い 貴方の環境 年齢 いいな~
犬を引き取る 事のできない年齢 今私の所にいる子を最後まで一緒にいる事が一杯 一杯で またそうした相談が多い事・・・・なにも言わない わんちゃん猫ちゃんが一番知っているとことでしょう へんなブログを書いた人の為にしてる訳ないんだから可愛いわんちゃん猫ちゃんが感謝してますよ
がんばれ!
Posted by わんちゃん at 2010年05月07日 14:13
残念ですが、それが現実なのだと思います。
病気や障害をもった子をわざわざ入れて、時間とお金を
費やすより、何もかも真っ白な子を入れてじゃんじゃん
出した方が、命はたくさん救えると・・
きっとそう仰りたかったのではないでしょう。

ただ、保健所や管理所などから引き出している方、
現場で餌やりと不妊で頑張っていらっしゃる方、
そんな第一線とは別に、そこにはまらない命、
こぼれていく命を
救える最後の砦があっても良いと思うのです。

その場所にいるのが、私達ではないでしょうか。
行き所のない命の「受け皿」があっても良いと思うのです。
第一線であれ、受け皿であれ、命が救われれば
それだけで良いと思います。

個人的には・・受け皿に来たワンニャンが私は好きです。
ゴル爺、シバ爺(敬称略)病気や障害と命をともにする
すべての動物達、その命の力強さと共に生きれる事が
たまらなく幸せな事に感じるのです。
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年05月07日 16:05
自分のブログだから、自分の意見を書くのは間違いではない。

でも!でもでもでもっ!!!

それ以前に、動物愛護の為に
たくさん頑張っている方々の事を考えれば、
書けるはずがないと思う。

それぞれの考え方が違っているとしても、
皆が「助けたい」っていう同じ気持ちで
実際に活動しているって事を考えれば、
区別して助けてるなんて内容、書く必要もないよね。

動物を救い続けるっていう活動は
一人きりでは続けられんやろう?
皆の力が必要やし、活動している方達も
協力に素直に感謝して頑張り続ける事ができる。

アニボンの活動を見ててそれが伝わってくるよ。


涙したご友人も♥ぐらぶぅ♥ ちゃんも、
たまらんかったやろう;; よしよし...わしゃわしゃ...
(ハナマロを撫でるように撫でたるわいw)

大丈夫。♥ぐらぶぅ♥ちゃんの言う事は正しいから。
助けたい気持ちに間違いはないってこと。
Posted by ぺっち at 2010年05月07日 18:51
★ちょめちゃん★
区別反対!!
なんだか、悲しくなっちゃうよね・・・。
ちょめちゃん達のおかげで私は
シバ爺やゴル爺の事を管理所から
レスキューする事が出来ました。
預かり大変だと思うけど、宜しくお願いします。
ほんとに、ありがとう。
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 22:35
★xxゆみxxさん★
お疲れ様です。
池ちゃん、カッコイイじゃないですかっ!!
自分が助けたいと思った命を助ける。
それが全てだと思います。
それ以上の事は、出来ません・・・。
「ひまわりの家」の存在は、本当に大きいです。
これからも、協力していければいいなと思います。

そして、ゆみさんの活動は私に
大切な子に出会わせてくれます。
本当に感謝しています。
ありがとうございます。

これからも、色々な事が起き
辛い事が沢山あるかもしれませんが
力を合わせて、乗り越え
多くの命を救っていければと思います。
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 22:54
★ニャジラ母チャン★
本当にガッカリしました。
ニャジラ母チャンこそ、沢山の子達を
救ってくれて、ありがとうございます。
私なんか、足元にも及びませんっ。
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 22:58
★ピッぴまま さま★
本当にいろんな人いますね・・・。
ある意味、勉強になりました。
ゴル爺は、めちゃ可愛いです。
あの優しい眼差しに癒されます。
トコちゃん、復活したんですね!!
よかった~。
ピッぴままさんのオウチの子は
皆幸せそうなお顔をしてますよね。
愛情の深さなんでしょうね。
それと、ピッぴままさんの太陽の様な
明るさ&パワーに包まれているからかな?

次こそは、飲みに行きましょうね。
楽しみにしております。
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 23:05
★わんちゃんさま★
すみません・・・泣いちゃいました・・・。
まだまだ精神修行が足りませんね。
いつも力強いお言葉ありがとうございます。
これからも私なりに頑張っていきます!
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 23:09
★きらりん母ちゃん さま★
現実は厳しいですよね・・・。
きらりん母ちゃんさまの仰る通りですね。
「最後の砦」
大変だけれど、とても大切な所ですね。
>個人的には・・受け皿に来たワンニャンが私は好きです。
ゴル爺、シバ爺(敬称略)病気や障害と命をともにする
すべての動物達、その命の力強さと共に生きれる事が
たまらなく幸せな事に感じるのです。

また、泣いちゃいましたっ。
きらりん母ちゃんさまの優しさに
感動の涙です。

明日、お会いできることを楽しみにしてます。
25辛は、罰ゲームの域なので
10辛くらいで宜しくお願いします(汗)
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 23:16
★ぺっち★
わしゃわしゃしておくれ~!
なんなら、ハナマロがわしゃわしゃして~!
ありがとね。
元気でたゾイ。
アタイ、モウ、ナカナイ。

ところで明日、大丈夫かい?
Posted by ♥ぐらぶぅ♥♥ぐらぶぅ♥ at 2010年05月07日 23:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
否定された命
    コメント(14)